たこ【凧】の語源・由来


【意味】
細い竹を骨として紙をはり、糸を付けて風力によって空高く揚げる玩具。古くは春の行事とするところが多かった。現在は多く正月の遊び。いか。いかのぼり。

【語源・由来】
「タコ」は平安時代初頭に中国から日本に伝わり、「紙鳶(しえん)」と呼ばれていた。江戸時代になると「紙鳶」と書いて「いかのぼり」というようになった。「いかのぼり」を揚げている人同士のケンカやもめごとが増え、いかのぼりを
あげてはいけないという禁止令が出るまでになった。この禁止令を回避するために「たこ」と呼ばれるようになったとされる。
凧が「タコ」や「イカ」と呼ばれ始めたのは、紙の尾を付けて空を泳ぐように揚がるさまが、「蛸」や「烏賊」に似ていることからとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事