つつもたせ【美人局】の語源・由来

【意味】
男が妻や情婦に他の男を誘惑させ、それを言いがかりにして、その男から金銭をゆすり取ること。なれあい間男。

【語源・由来】
もとは博打打の言葉で、「筒持たせ」の意といわれる。偽物をつかませて詐欺をすること。「つつもたせ」に「美人局」と字を当てたのは、中国、元の時代に女性を利用した色仕掛けの悪事を「美人局」と書いたことから。日本では、江戸時代中頃から使われ始めた言葉で、「美人局」表記は江戸後期から。

スポンサーリンク
スポンサーリンク