あめとむち【飴と鞭】の語源・由来


【意味】
人をうまく操るために、おだてたりおどしたりすること。

【語源・由来】
ドイツ語でZuckerbrot und Peitsche。ドイツ帝国の「鉄血宰相」ビスマルクが、社会主義勢力を支配するために行った政策を評価した言葉が定着したもの。ビスマルクは、社会主義者への弾圧を強化(=鞭)するだけでなく、一方で社会保険制度を導入(=飴)することで、彼らの反発を和らげた。

【参考】
【飴と鞭】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事