むなつきはっちょう【胸突き八丁】の語源・由来


【意味】
山道で、登りのきつい難所。転じて、物事をなしとげるのに一番苦しい時期。

【語源・由来】
「胸突き八丁」は、富士山頂までの、八丁(約八七二メートル)のけわしい斜面の意から「胸突き」は、胸を突かれたように息ができなくなるほど苦しいことから。富士山以外の山道の登りでもいうようになり、さらに、物事をなしとげるのに一番苦しい時期をいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事