ほら【法螺】の語源・由来


【意味】
でたらめ。うそ。また、大言を吐くこと。

【語源・由来】
仏教では「ほうら」と読み、仏の説法のさかんなことをいう。もともと、「法螺」は法螺貝の意味で、吹くと大きな音がする巻き貝でつくった笛の一種。山伏が深山でお互いの連絡手段として使ったり、軍隊の進軍の合図に用いられた。仏の説法がさかんで遠く広く伝わることから「法螺」にたとえた。法螺は音が大きいことから、大嘘を意味するようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事