かんろ【甘露】の語源・由来


【意味】
甘くて味が良いこと。おいしいこと。

【語源・由来】
古代の中国の伝説で、天子が仁政(よい政治)を行えば、瑞祥(めでたいしるし)として、天から甘い露が降るといわれ、この露のことを「甘露」といった。古代インドでは、苦悩を取り除いたり不老不死の力をあたえたりするという甘い飲み物のこと。転じて、仏教では「仏の教え」のたとえに用いられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事