あかのたにん【赤の他人】の語源・由来

【意味】
全く縁もゆかりもない他人。完全に無関係な人。

【語源・由来】
「赤」は、本来は「閼伽」と書き、もともと仏前に供える浄水の意味するサンスクリット語の「アルガ」が語源。水のように冷たいが他人にも冷たいという意味に転じ、縁のゆかりもない人の事を「赤の他人」というようになったといわれる。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る