うで【腕】の語源・由来


【意味】

⑴ひじと手首との間。
⑵肩口から手首までの部分。かいな。
②腕に宿る力。腕力。転じて、腕前。技量。武芸のたくみさ、職人などの技術などにいう。
③人間の腕に形などが似たもの。
⑴腕木。腕かけ。
⑵下等動物の物をつかむ働きをする器官。ヒトデの腕など。

【語源・由来】
「うで」は、古くは肩からひじまでを「かいな」、ひじから手首までを「うで」と区別した。手のひらから上ということから、「うで(上手)」になったと考えられる。「かいな」は相撲用語として現代でも用いられる。肩からひじまでは「二の腕」ともいう。「和名抄」や「名義抄」には「太々無岐」「タダムギ」とあり、古くは「タダムギ」とも呼んでいたようだ。漢字は、中国で主に手首のつけ根を指す字。「宛」は屋根の下に二人の人が丸く屈むさまを表しており、「肉月」に「宛」の「腕」で丸く曲がる手首を表している。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事