のみのいち【蚤の市】の語源・由来


【意味】
古物市。フリーマーケット。

【語源・由来】
フランス語のmarché aux pucesの直訳。パリの北隅、クリニャンクール門から北へサントゥアン門までの路上に、毎週土・日・月曜日に立つ古物の露店市を指すことば。転じて、一般に古物市をいう。英語flea marketは「蚤」の意味でfree(=自由)とするのは誤り。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事