てつがく【哲学】の語源・由来


【意味】
人間や世界の原理を理性的に求めようとする学問。また、ある人や集団にとっての基本的な考え方。

【語源・由来】
英語のphilosophyの訳語。明治初期に、西周(にしあまね)が、著書「百一新論」で初めて使った言葉。当初は「希哲学」「理学」「窮理学」「希賢学」などと呼ばれたが、明治二十年ごろに「哲学」が定着した。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事