おおとり【大トリ】の語源・由来


【意味】
トリは真打の異称。俗に、呼び物とする最後の番組に出る人の意にも用いられる。

【語源・由来】
「トリ」は、元々、「取り」と書き、動詞「取る」の連用形の名詞用法。寄席の用語。「トリ」は、寄席で最後に出演する真打は、興行の収入を全部取り、出演した芸人たちに分けていたため、その「取る」ということからという説がある。「トリ」は主役であるため、普通は自分の取り分を多くし、残りを他の芸人に分けるが、入りの少ないときは身銭を切って配る真打もいたという。現在ではギャラの受け取りに関係なく、最後に出演する人を「トリ」と呼ぶ。NHKの紅白歌合戦のように、白組と紅組のそれぞれにトリがいる場合、その一方は組だけでなく全出演者の最後になることから「大トリ」と呼ぶ。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事