がらす【硝子】の語源・由来


【意味】
窓などに用いる透明な物質。

【語源・由来】
オランダのGlasに由来する。江戸時代には、ポルトガル語で「ビードロ」と呼ばれていた。ガラスはダイヤモンドを用いて加工することから、やがてダイヤモンドの意のオランダ語「ギヤマン」がガラスの意となり、のちに「ガラス」が一般的となった。「硝子」の表記も、はじめはビードロに当てられたもの。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事