ぎゅうじをとる【牛耳を執る】の語源・由来


【意味】
ある集団・党派の中心となり、思うままに支配すること。

【語源・由来】
中国の春秋戦国時代、諸侯が集まり同盟を結ぶ際、盟主がいけにえの牛の耳を裂き、皆がその血を吸って組織への忠誠を誓い合ったという『左氏伝(哀公十七年)』の故事に由来する。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事