くちびをきる【口火を切る】の語源・由来


【意味】
きっかけをつくること。

【語源・由来】
「口火」は火縄銃の火蓋に用いる火のこと。また、爆薬を爆発させるためにつける火のこと。火を点火することで、小さな口火が大きな力を発揮することから、きっかけの意を生じた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事