しかつめらしい【鹿爪らしい】の語源・由来


【意味】
形式ばっている。

【語源・由来】
「当然そのようである」の意の「しか ありつべく あるらし」が変化して、「しかつべうあらし」「しかつべえらし」「しかつべらし」となり、さらに「べ」が「め」となって、「しかつめらし」になったとされる。「鹿爪らしい」は当て字。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事