おうりょう【横領】の語源・由来


【意味】
(「押領」から転じてできた語)他人または公共のものを不法に奪うこと。横どり。

【語源・由来】
「兵卒を監督・統率すること」を意味する「押領」が転じた語。平安時代から、「押領」は力ずくで取る、むりやりに奪うことを意味し、他人の物を奪う意味に転じていった。「横領」の字が当てられたのは明治中期以降で、明治初期には見られない。「横」の字は「横取り」といった語の類推。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事