こつじき【乞食】の語源・由来 

【意味】
僧が食べ物などの布施を求めながら歩くこと。托鉢。

【語源・由来】
僧は門口に立って在家から「食を乞う」ことによって生活手段とすることから。修行僧は自活することを禁じられ、最低限の食物をもらい受けた。「乞食」それ自体が仏道修行である。今日でも、宗教法人に課税されないのは、この原則による。また、「こじき」と読めば形だけをまねて物乞いすることを指す。

50音インデックスで逆引き検索