はたらく【働く】の語源・由来

【意味】
①うごく。
②精神が活動する。
③精を出して仕事をする。労働をする。
④他人のために奔走する。
⑤効果をあらわす。作用する。
⑥(他動詞的に)(悪いことを)する。
⑦(文法で)語尾などを語形が変化する。活用する。

【語源・由来】
「働く」は、元々は「動く」の意で、「はためく」と同様に「はた」という擬態語の動詞化。鎌倉時代以降、労働をするの意味で用いられるようになり、「人」+「動」で「働」という漢字がつくられた。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る