ハロゲンの語源・由来


【意味】
周期表の17族元素の総称。フッ素、塩素、臭素、ヨウ素など。化学的に活性で、他の元素と化合物を作りやすい。ハロゲン族元素。

【語源・由来】
「ハロゲン」は、英語「halogen」から。ギリシヤ語で塩の意のhalsと「作る」意のgennaoに由来。ハロゲンは、金属元素と化合して塩化物を形成することから、「塩の素」の意味でスウェーデンのベルツェリウスが命名した。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事