しんせつ【親切・深切】の語源・由来


【意味】
①(「深切」と書く)深く切なること。痛切。
②人情のあついこと。親しくねんごろなこと。思いやりがあり、配慮のゆきとどいていること。

【語源・由来】
「親切」の「親」は自らする、親しいの意味で、「切」はねんごろ、行き届くの意味。このことから、親しくねんごろという意味になる。また、古くは、深く切なることの意味で「深切」が使われた。漢語では、この用法が多かった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事