てしおにかける【手塩に掛ける】の語源・由来


【意味】
みずから世話をして育てる。

【語源・由来】
「手塩」は、昔、膳の不浄を払うために小皿に盛って添えたものをいった。のちに各自がその塩で自由に料理の味を調節したことから、自分で面倒を見る意になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事