みどりご【緑児・嬰児】の語源・由来


【意味】
3歳ぐらいまでの幼児。孩児。えいじ。

【語源・由来】
近世初め頃までは「みどりこ」と清音。本来は、「緑児」と書くが、現在では「嬰児」が一般的。「みどりご」は、新芽のように若々しい児の意で、大宝令で、3歳以下の男児、女児を「緑」と称するという規定があったことに由来。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事