こけん【沽券】の語源・由来

【意味】
人の値打ち。

【語源・由来】
「沽券」とは土地や家屋など売り渡し証文のことで、「売券」や「沽却状(こきゃくじょう)」とも言われる。平安時代の中ごろから使われた。そこに物件の価格も表示されていたことから、売値の意が生じ、さらに人の値打ちの意となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク