きもいり【肝煎り】の語源・由来


【意味】
間に入って世話や取りもちをすること。

【語源・由来】
「肝を煎る」は心をいらだてる、心を悩ます意。転じて、あれこれ気を使って骨を折る意になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事