かみ【神】の語源・由来


【意味】
①人間を超越した威力を持つ、隠れた存在。人知ではかることのできない能力を持ち、人類に禍福を降すと考えられる威霊。人間が畏怖し、また信仰の対象とするもの。
②日本の神話に登場する人格神。
③最高の支配者。天皇。
④神社などに祭祀される霊。
⑤人間に危害を及ぼし、怖れられているもの。
ア.雷。なるかみ。
イ.虎・狼・蛇など。
⑥キリスト教やイスラム教などの一神教で、宇宙と人類を創造して世界の運行を司る、全知全能の絶対者。上帝。大帝。

【語源・由来】
神の語源は未詳。漢字「神」は、祭祀を意味する「示」に音符「申」を付した字。祭祀および祭祀対象である神霊を表す。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事