めっそうもない【滅相もない】の語源・由来


【意味】
とんでもない。

【語源・由来】
仏教語で、物事や生物の移り変わりを四段階に分けた四相(生相・住相・異相・滅相)の一つ。 四相では、事物がこの世に出現することを「生相」、存在・持続することを「住相」、変化することを「異相」、きえてなくなることを「滅相」という。
因縁によって生じた一切の存在を過去の存在として滅し去る、心身が消滅する意から、とんでもない意で「滅相な」「滅相もない」のようにいう。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事