ふいご【鞴】の語源・由来


【意味】
鍛冶屋などが使う、火をおこすための送風装置。

【語源・由来】
もとは獣皮でつくった皮袋を用いたことから「吹革(ふきがわ)」といった。のち、「ふいごう」に変化して、「ふいご」になった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事