てんやもの【店屋物】の語源・由来


【意味】
店屋の品物。特に、飲食店から取り寄せる食物をいう。

【語源・由来】
「店屋」は、昔、宿駅を置いた時に併置された、売買を扱うところをいい、食物に限定される店ではなかった。近世に入り、飲食物を売る店をいうようになり、そこで作られたものを「店屋物」と呼ぶようになった。のちに、「店屋物をとる」のように、飲食店から取り寄せる食物をいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事