つのかくし【角隠し】の語源・由来


【意味】
浄土真宗門徒の女性が寺参りのときに用いたかぶりもの。幅約12センチメートル、長さ72センチメートルの白絹(裏は紅絹(もみ))を前髪にかぶせ、髷の後上で留めておくもの。現在では、婚礼のときに花嫁がかぶるもの。

【語源・由来】
「角隠し」は、嫉妬にかられた女性の顔が鬼の形相に似ていたことから、女性の嫉妬をいましめるかぶりものとされた。元々は、浄土真宗門徒の女性が報恩講参詣に際してかぶったかぶりもの。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事