あかつき【暁】の語源・由来


【意味】
東の空が明るくなること。

【語源・由来】
奈良時代には「明か時(あかとき)」といったが、平安時代になって「あかつき」に変化した。もとは、夜を三つに区分し、「宵」「夜中」に続く未明のころを指した。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事