しゅちにくりん【酒池肉林】の語源・由来


【意味】
酒や肉が豊富で、豪奢を極めた酒宴。

【語源・由来】
「史記」殷本紀にある「酒を以て池と為し、肉を懸けて林と為す」から。
暴君である殷の紂王は、溺愛していた妲己を喜ばせるために、大量の酒で池をつくり、肉の塊を木に吊るして林にした豪奢な宴会を催したという故事が由来。
「酒池肉林」を美女に囲まれた宴会とするのは誤用で、「酒池肉林」の肉が肉欲という意味に捉えてしまったため、また、冒頭の引用文の後に、「紂王は男女を裸にして池や林の間を走り回らせた」と続くことに起因すると考えられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事