ろくでなし【陸でなし・碌でなし】の語源・由来

【意味】
役に立たない者。しようがない、のらくら者。

【語源・由来】
「碌」は当て字。元々は「陸(呉音でロク)でなし」と書いた。「陸(ろく)」は、土地が平らという意味から、性格がまっすぐなさまを意味する。その否定形「陸でなし」は、性格が曲がった人をいい、転じて、役に立たない者、しょうがないのらくら者をいうようになった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る