ポタージュの語源・由来


【意味】
フランス料理のスープの総称。日本では特に、コンソメに対して、とろみのある濃いスープを指す。

【語源・由来】
「ポタージュ」は、フランス語「Potage」から。「po」は、飲むことの意の古い印欧祖語で、ラテン語の飲むの意の「poto」、飲み物の容器の意の「potus」が生じ、口語ラテン語「pottus」がフランス語に入って、「深鍋」の意の「pot」になった。「pot」に、中身や集まったものの意の「-age」が付いて、「potage」となった。「ポタージュ」の語源は深鍋の中身で、原義はスープの総称。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事