みどり【緑・翠】の語源・由来

【意味】
①草木の新芽。また、初夏の若葉。広く、植物一般。
②青と黄の間色。草木の葉のような色。みどりいろ。
③深い藍色。

【語源・由来】
「緑」は、「みど」が語根で「瑞々し(みづみづし)」の「みづ」に関連する語と考えられている。新芽や若枝の色から、青と黄の間色、緑色を表すようになった。それ以前は、「緑」を表す語は「青」だった。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る