まなぶ【学ぶ】の語源・由来


【意味】
①まねてする。ならって行う。
②教えを受けて身につける。習得する。
③学問をする。勉強する。
④経験を通して身につける。

【語源・由来】
「まなぶ」は、「まねる(真似る)」と同源で、「まねぶ(学ぶ)」から。「まねぶ(学ぶ)」は、名詞「まね」+接尾語「ぶ」から成る語が動詞化した語。
「まなぶ」は、学問をするという意味が含まれるが、「まねぶ(学ぶ)」は、学問をする意味は薄く、まねてならう、見聞したことをそのまま人に語り告げる、教えを受けてならうのように、模倣の意味が強い。「まねぶ(学ぶ)」は、主に、口頭語として用いられていたが、「まねる(真似る)」が一般化したため、「まなぶ」の雅語とされた。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事