うばざくら【姥桜】の語源・由来

【意味】
盛りを過ぎても美しい女性のこと。

【語源・由来】
「姥桜」は、ヒガンザクラなど、葉が出るよりも先に花が咲く桜のこと。葉が出ないのを「歯がない」と洒落て、歯のない姥にたとえたもの。

スポンサーリンク
スポンサーリンク