サケ【鮭】の語源・由来


【意味】
サケ科の硬骨魚。体の背部は暗青色、腹部は銀白色。秋、川をさかのぼり、上流の砂底に産卵した後、死ぬ。生殖器の雄の吻部は著しく鉤状に曲がっているので、俗に「鼻曲がり」という。全長約90cm。肉は淡紅色で美味。荒巻・塩引・燻製・缶詰とし、卵は筋子・イクラとして賞用。北太平洋産。アキアジ。シロザケ。しゃけ。広義にはサケ科サケ属魚類の総称。

【語源・由来】
「さけ」は、アイヌ語「サキペ」(夏の食物)からといわれる。また、身が簡単に裂けることから、「裂ける(さける)」が転じたという説、鮭の肉が酒に酔ったように赤いことから、「朱(あけ)が転じたとする説など諸説ある。
漢字の「鮭」は、日本では室町時代から「鮭」を指すが、中国では「フグ」を指す。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事