てんぐ【天狗】の語源・由来


【意味】
①深山に棲息するという想像上の怪物。人の形をし、顔赤く、鼻高く、翼があって神通力を持ち、飛行自在で羽団扇をもつという。
②高慢なこと。自負すること。また、その人。
③テンク。「史記(天官書)」中国古代の天文で、流星の称。天狗星。てんこう。

【語源・由来】
「天狗」は、古代中国で、凶事を知らせる流星が、狗(犬)に似ているとして、「天の狗」、「天狗」と呼んだ。隕石が大気圏を突入したあと、空中で爆発することがあり、その爆発音が狗の咆哮に似ていることから、天を駆ける狗の姿に見立てた。
日本では、平安時代頃から、深山に棲息するという想像上の怪物をいうようになった。のちに、天狗は翼があり、神通力を持つとされるようになり、これは、中国の「天の狗」のイメージが影響を与え、深山にすむ空中を飛ぶ妖怪のイメージになったと考えられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事