ひゃくしょう【百姓】の語源・由来


【意味】
①(ヒャクセイとも)一般の人民。公民。
②(もと荘園農民の呼称)農民。
③いなか者をののしっていう語。

【語源・由来】
「百姓」は、古くは「ひゃくせい」ともいい、「百」はたくさんの意で、古代中国では、種々の姓を持つ人の総称で、一般の人民を指す語だった。「しょう」と読むのは呉音。のちに身分が制度化されるに従って、農民を指す語になっていった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事