すずなり【鈴生り】の語源・由来


【意味】
果実などが神楽鈴(かぐらすず)のように、多くむらがって房をなすこと。ふさなり。

【語源・由来】
「鈴なり」の「鈴」は「神楽鈴」のことで、里神楽を舞うときに用いる鈴をいう。鈴を15個または12個結んで柄を付けたもの。その神楽鈴に似ていることから、「鈴なり」といい、物や人が多くむらがっているさまをいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事