やぶさか【吝か】の語源・由来

【意味】
①物惜しみするさま。けちなこと。吝嗇。
②未練なさま。思い切りの悪いさま。
③(「・・・にーでない。」などの形で。)・・・する努力を惜しまない。・・・することに躊躇しない。

【語源・由来】
「やぶさか」は、物惜しみするさま、けちなことをいう語で、平安時代の物惜しみする意の動詞「やふさか」の形容詞「やふさし」と同源。鎌倉中期以降、「やふさ」に接尾語「か」が付いた「やふさか」「やっさか」という語が用いられるようになったが、「やっさか」は見られなくなった。のちに濁音化され「やぶさか」となった。現在では、「やぶさかでない」の形で、努力を惜しまないという意味で用いられることが多い。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る