やまいこうこうにいる【病膏肓に入る】の語源・由来


【意味】
①不治の病にかかる。また、病気が重くなって治る見込みが立たないようになる。
②転じて、悪癖や弊害などが手の付けられないほどになる。また、物事に熱中しておうしようもないほどの状態になる。

【語源・由来】
「左伝」成公一〇年の故事から。「膏」も「肓」も、病気がそこに入ると、治療しにくい所。病が重くなった晋の景公の夢に病魔が二人の子供となって現れ、名医の来ることを知って、膏の下と肓の上に隠れ、病気が治らなかった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事