どよう【土用】の語源・由来


【意味】
暦法で、立夏の前18日(春の土用)、立秋の前18日(夏の土用)、立冬の前18日(秋の土用)、立春の前18日(冬の土用)。その初めの日を土用の入りという。普通には夏の土用をいう。

【語源・由来】
「土用」は、中国の陰陽五行説で、春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気をあてはめ、各季節の変わり目の18日間に土気をあてた。
「土気」は各季節の最も盛んなときをさし、中国語の「土旺」や「土王」が用いられたが、訛って、「どよう」になり、「土用」の字に変化したと考えられる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事