きせるじょうしゃ【キセル乗車】の語源・由来


【意味】
鉄道で、乗降駅付近の乗車券や定期券を買い、途中の区間をただ乗りすること。単にキセルともいう。

【語源・由来】
「キセル」は、刻みタバコを吸うための道具で、途中の管は竹でつくり、両端だけ金(かね)を使うところから、乗車区間の両端だけ金を払うことを洒落ていった言葉。元は学生の隠語だったが、明治以降、広く使われるようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事