きんかあたま【金柑頭】の語源・由来


【意味】
毛髪がなく、金柑(きんかん)のように赤く光った頭。はげあたま。きんかんあたま。

【語源・由来】
「金柑頭」は、頭髪の薄い状態が、丸くて黄色くつやのある柑橘類の「金柑」ににていることから。また、安土桃山時代に書かれた世間話集「義山後覚(ぎざんこうかく)」や、「続武者物語(ぞくむしゃものがたり)」に明智光秀が織田信長に「金柑頭」とののしられたという逸話が記載されているが、妖怪などが出てくる読み物であることから、史実に沿うものとはいいがたい。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事