ぼたんなべ【牡丹鍋】の語源・由来

【意味】
猪の肉を使った味噌仕立ての鍋。猪鍋。(ししなべ)。

【語源・由来】
いのししの肉を煮こむと脂身がちぢれて、牡丹の花のようになるという説、また、いのししの肉を大皿に並べると、鮮やかな肉のいろどりが、牡丹の花のようだからという説がある。また、「獅子に牡丹」の図柄は、昔から好まれていた「良い取り合わせ」の一つ。この「獅子(唐獅子)」に「猪」をかけ「しし」といえば「牡丹」で猪の異称になったともいわれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク