きんつば【金鍔】の語源・由来

【意味】
長方形に切った小倉餡に水で溶いた小麦粉をつけ、表面を焼いた菓子。

【語源・由来】
江戸時代から作られるようになった菓子で、もとは刀の鍔のように平たく楕円形をしており、「銀鍔」と呼ばれていた。後に「金鍔」になった。その理由は、最初に米の粉を使った「銀鍔」は白っぽく、小麦粉を使った「金鍔」は黄色くなったからとも、単純に銀より金が良いからといわれる。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る