かんがえるあし【考える葦】の語源・由来


【意味】
人間のたとえ。

【語源・由来】
パスカルの遺著「パンセ」の中の言葉。「人間は自然のうちで最も弱い葦の一茎にすぎない、だがそれは考える葦である」として、人間の自然の中における存在としてのか弱さと、思考する存在としての偉大さを言い表したもの。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事