かんなんなんじをたまにす(る)【艱難汝を玉にす(る)】の語源・由来


【意味】
人は多くの困難を乗り越えてこそ立派な人間になれる。

【語源・由来】
「Adversity makes a man wise.」という西洋のことわざの意訳。逆境は人を賢くするという意味で、地中から掘り出された粗玉が、磨かれて美しい玉になるということから。「艱難」とは、困難にあって、苦しみ悩むこと。 「困難汝を玉にす」とするのは誤り。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事