カーキ色の語源・由来


【意味】
黄色に淡い茶色の混じった色。枯草色。

【語源・由来】
「カーキ色」は、英語「khaki」から。英語の「khaki」は、土埃を意味するペルシャ語の「khāk」がヒンディー語に入り「khākī」となって、英語に入ったもの。カーキ色には、軍服のイメージが根強くあるが、19世紀半ばにイギリス軍が、服の汚れ対策のために、その土地の土を用いて服を染め、それを現地語でカーキと呼んだのが始まりといわれている。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事